レイテンハチヨン












写真家・高橋宣之さん!

はちよ〜ん!かわむらさとしです。

0.84レイテンハチヨン

みなさんはこの言葉をきいたことがありますか?

この数字、実は高知県の面積のうち、人の手が入っていない森林「原生林」の面積の割合なんです。

去る4月5日。

このワードをテーマにしたイベントを開催しました!

その名も「0.84会議」

今回はなぜこのイベントが開催されたのか、その経緯をお話しますね。



この「0.84」というワード。

言いだしっぺはこのかた、 高知を代表する写真家:高橋宣之さんです。

若かりし頃スペインに留学し、独学でカメラを学び、

マゼラン海峡など数々の海を撮影し、めぐりめぐるうちに高知の波を撮るようになり、

そしてその海にそそぐはじまりの一滴を追い求め、日本一の清流・仁淀川をさかのぼり、、、

今では1年のうちの大半を森で暮らす写真家です。

最近では高橋さんが撮影協力をした仁淀川の映像がNHKスペシャルでも放送され、仁淀川ブームとでも言うべきものが広がっています。


そんな高橋さんは当プロジェクトの特別顧問でもあります。

当プロジェクトが始まった2009年の84会議にて、高橋さんからこんなコトバをいただきました。

「84もいいけど、0.84レイテンハチヨンも考えないかんぜ」と。

84の森はほとんどが、人が作った人工の森。

その中で、0.84の森はだれの手も入らず自然のあるがままの姿を受けついできている。

森という存在の本質は0.84の森にあるんだと、それを忘れてはいけないと、

川からさかのぼった魚の目でそう教えてくれました。



時は流れて2012年。

84プロジェクトもそろそろ3年が経とうとしています。

だからこそ、本質である0.84の森に目をむけようと、0.84会議が始まったのでした。


続きは次回をお楽しみに!

はちよん事務局
かわむらさとし

0.84会議




 


仁淀川の映像



昔の高橋宣之さん


梅原代表と斉藤勇城さん


長野亮之介さんのイラスト


3者でのパネルディスカッション


森に仕事をつくる提案:はちよんリフォーム!
今年の84会議で続報が!?
はちよ〜ん!かわむらさとしです。

今回は「レイテンハチヨン」のツヅキとして0.84会議の模様を報告します。

高知県の中の84%を占める森林。
その森林のなかの1%しか存在しない原生林は、つまり高知県の0.84%。

84も大事だけれど、自然の本来の姿がそのまま残っている0.84のこともしっかり考えなければ!

そんな経緯で始まった0.84会議は、2012年4月5日、高知県立美術館ホールにて行われました!

木曜日の夜のイベント、しかも入場料1000円という設定でしたが、

NHKスペシャル「仁淀川 青の神秘」の素晴らしい映像を見て下さったのか、何と310名もの方が参加してくれました!!

続々と座席が埋まっていくのを見て、本当にうれしく思いました!!


そんななか、会場時刻の18:30になり。

照明が消えた中登場したのは総合司会の畠中智子さん、
そして智子さんの開会のあいさつとともに今回のゲスト、高橋宣之さんが撮影時に使用したカメラとともに登場しました!

人前で話すのは恥ずかしいと仰る高橋さんの代わりに撮影機材がポツンと壇上に残り、

「仁淀川 青の神秘」のために撮影された未公開映像30時間分から厳選された高橋さん監修の25分間のムービーが流れ始めました。

仁淀川流域のウツクシイ映像。

そして川の流れや鳥の鳴きごえがBGMとして流れ、

そこに時折、高橋さんが解説をしてくれるのですが、まるで詩人のようなコトバばかり。

会場にはとても静かで、そしてユタカナ空間が広がっていました。



そんな仁淀川のムービーを見た後に、

高橋さんと40年来の付き合いがある当プロジェクト代表の梅原にバトンタッチ。

当時の高橋さんが撮影した写真をもとに、その後仁淀の森の中に至る高橋さんの人物像を探っていきました。

そしてサプライズゲストに「仁淀川 青の神秘」のディレクター、斉藤勇城さんにご登場いただき、

NHKスペシャルの制作秘話、そして高橋さんに撮影を依頼するにあたっての思いなど、

裏話をたくさん聞かせて頂きました。

テレビに出たがらない高橋さんを画面の中に入れたことには、拍手喝采を送りたいと個人的に思っています(笑)



そして最後のゲスト、林業や森林に造詣の深いイラストレーター長野亮之介さんにご登場いただきました!

長野さんは林業新知識という雑誌のイラストを長年やって来られて関係で、とても林業の現状に詳しく、

0.84をフィールドとする森の写真家・高橋さん、

人工林とそこで暮らす人々を描いてこられた森のイラストレーター・長野さん、

高知の自然を発信する斉藤さんがコラボレーションをして、

これからの84の森、0.84の森をどうしていくべきか語ってくださいました。



そのなかで結論として、これからも仁淀ブルーと呼ばれるウツクシイ川の流れを守っていくために、

森の仕事をつくり、人工林を管理すること。

そして、川の両端の森・水辺林を天然の森に変えていくこと。

この2つがあげられました。


今回の0.84会議を通して、守るべき森、0.84がメッセージされたことはとても大きな変化だと思っています。

これから84だけでなく、0.84も頑張っていきますので、みなさまどうか応援よろしくお願いします!!!



はちよん事務局
川村聡志
高橋宣之氏写真集「NIYODO BLUE」9/1発売開始!!!
http://www.buenobooks.com/boardculture/news_release/20120702299.html これは、買いですよ。
はちよ〜ん!かわむらさとしです。

みなさま!!

なんともウレシイ情報が届きました!!!

4月5日の0.84会議でのうっとりするようなすばらしい写真がいまだ目に焼き付いていると思いますが、

NHKスペシャル「仁淀川・青の神秘」で映像提供を行い、

「仁淀川ブーム」の火付け役ともなった、

本会の特別顧問:高橋宣之さんの写真集の発売が決定したようです!!!

高橋宣之写真集「NIYODO BLUE」9/1発売開始
コチラ

それとともに、NHKスペシャル「仁淀川 青の神秘」DVD&Blue-rayが9/19発売開始!

こちらはすでにamazonで予約開始しているようです。

コチラ


誰が何と言おうと、ぼくは、かいます。