ずらずら、しましょう。
 
ずらっ!





ずらずらーーっ!!





「木の種類」スプーンの森

はちよ〜ん!
かわむらさとしです。

ここにならんだ木のスプーン、実は1本1本樹種が違います。
しかもすべて高知にある木から作った木のスプーン!


その数、なんと369種類!
ずらーっと並べると、壮観。
なんと10mにも及びます。


これを創ったのはフクドメさん
森林と木の知識でこの方ほど物知りな方ははじめてみました。(笑)

今年の84会議にも出席いただきましたが、
そのマニアじみた知識量に会場は大盛況!


この資源を活かさない手はないということで、
当団体で冊子を創りました。


その名も「木の種類」
なんともシンプル。
ですが、それで十分。

中身は369種類の木のスプーンが50音順に並ぶだけ。
ジャバラ式で伸ばすと10mにもなります。
ますにスプーンの森。

これだけで、高知の森のユタカサが分かります。


スプーンは有用性のメタファ(隠喩)です。
フクドメさんはいつも、
「この世に“雑木”なんてない。使い方を分かっちゃぁせんだけ」
とおっしゃります。


この冊子をずらーっと広げてみながら、木の可能性を感じてみませんか?
見るだけでワクワクしてきますよ♪

気になった方はコチラのページをご覧くださいね♪

NPO84はちよんプロジェクト
かわむらさとし
【速報】スプーンおじさんがたちあがった〜〜!!
 
←のかたがフクドメさん


369種類のスプーンがならんでいるところ


小枝でハンガー


肩たたき!

はちよ〜ん!かわむらさとしです!

速報です!!!!

スプーンおじさんこと、フクドメさんがついに、

木工品の販売をはじめることがきまりました〜〜〜!!!


フクドメさんと言えば、

369種類の木でスプーンを作ったり、
(それを84プロジェクトで本にしています。)

こども達にスプーンづくりのWSを開いたり、と木の文化を伝えるための活動をされてこられた木の名人です。



そんなフクドメさんですが、これまでスプーンの販売自体は見送ってこられました。

それは、枝からスプーンを作ること自体が一つの教材であり、木の文化を伝えるためのもの。

ただの木工製品として見られてはもったいない。

というお考えのもとでしたが、



スプーンの本を買ったお客様からは「スプーンは買えないの??」というお声が多々あったこともあり、

ひろく木に触れる機会そのものを増やしていくことも大事だろうということで、


このたび、木のスプーンも含め、

・小枝で作ったハンガー

・肩たたき

などの商品を84に協賛した商品として売り出していこうとお考えです!



今後、販売価格や、どのような売り方をするのか、など、

詳細を固めて行きたいと思います。



販売開始の際にはまたご連絡させていただきますが、

まずは速報でした!!!!


はちよん事務局
川村聡志

「恵文社も知らなかったnomazonの世界」

369種類のスプーンが並ぶ「木の種類」


木の種類の説明はこちら→
84木のスプーン


販売ページはコチラ→
木の種類販売
はちよ〜ん!かわむらさとしです。

今回はお久しぶりの「木の種類」の話題。

京都のおしゃれな書店/ギャラリー恵文社、一乗寺店さまにて、

「恵文社も知らなかったnomazonの世界」というテーマで、

8/1~31の期間中、木の種類10冊を販売していただくことになりました。


詳細はコチラ→
恵文社もしらなかったnomazonの世界


※抜粋すると、

Amazonのリストにない本だけを集めるというコンセプトの仮想ブックショップnomazon。
その紹介アイテムはZINEやミニコミ、フリーペーパーなどの範囲を超え、
セレクトの概念、面白さをわれわれに問いかけてくれます。
そのnomazonが、「恵文社一乗寺店にも置いていない」というハードルを設定し、
当店内に期間限定ショップをオープンいたします


とのこと♪

このnomazonさん、こうやって「Amazonのリストにない本」というのをコンセプトに出すことで、

Amazonのリストに入っていないことが逆に価値であるように思えてきいますよね。

この考えは84はちよんにも通じるところがあり、なんともオモシロイと思いました!!


いやぁ、これがキッカケになって、注文が来ますように!!笑

さて、京都のみなさま、これから京都に行く予定のあるみなさま。

よろしければ、ぜひ店頭に並んでいる姿を見て頂ければと思います♪


はちよん事務局かわむらさとし